民芸品季節商品店舗紹介

科布 雪人形 大
¥19,440
高さ 24cm
科布 雪童 女
¥6,480
高さ 20cm
科布 雪童 男
¥6,480
高さ 20cm
 科布雪童は新潟市土産品コンクールにて
最高賞の金賞を受賞

雪国越後の生活を綴った「北越雪譜」という古書に
わらべの雪遊びをなす事さまざまありて、暖国にはなき事多し」
と書かれ、雪ん堂や玉栗、雪合戦等の遊びが描かれております。
昔も今も、子供たちは雪を楽しい遊びの場に変えてし
まいます。

此の木目込み人形には着物部分に「塩沢紬」蓑と雪ぐつ部分に「しな布」を用いて作られております。


科  布 (しなふ)
 日本最古の織物の一つと言われ、沖縄の芭蕉布、静岡の葛布とともに代表的な古代織りと言われております。
    また、現存する繊維の中でも木の皮を素材にしたものは他に見あたりません。

       新潟県岩船郡の雪深い山里で織り継がれ「まぼろしの古代織り」とも呼ばれております。
    しなの木の皮を剥ぎ、煮た後に、晒し糸に仕上げます。湿気の安定した冬の寒冷期に、いざり機で織り上げます。
    平成十七年國の伝統的工芸品に指定されました。

塩 沢 紬(しおざわつむぎ) 
コシヒカリで有名な新潟県魚沼郡塩沢町で創られてます。
縦糸に生糸、横糸に真綿の手紡ぎ糸を用い手くくりで糸を色染めして平織りします。
柄あわせをしながら織り上げる高度な技術は国の伝統的工芸品に指定され、
その布は紬ながら最も贅沢なお召しとしても知られております。